新刊案内 これから出る本 電子出版 お知らせ 書店様へ リンク 大学教科書 会社案内
商品詳細
ジャンル: 専門書・研究書 言語
ことばの認知プロセス
教養としての認知言語学入門
ことばの認知プロセス 教養としての認知言語学入門
安原和也
判型: 四六判/並製
ページ数: 136頁
定価: 1,512円(本体:1,400円+税)
ISBN: 978-4-384-01241-5 C1080
発行日: 2017/04/30
ご購入は各オンラインショップをご利用下さい
オンライン書店で購入
Amazon honto
紀伊國屋書店 セブンネットショッピング
楽天Books TSUTAYA online
閉じる
身近にあふれている日本語の興味深い具体的な言語事例を中心に取り上げながら、認知言語学の基本的な考え方について、平易にわかりやすく、コンパクトに解説。

(『はじめに』より抜粋)

 本書『ことばの認知プロセス―教養としての認知言語学入門―』は、一般読者をその対象として書かれた、認知言語学の入門書です。
 言語学と聞けば、一般にはかなり小難しいイメージを想起されて、何かしらの抵抗感をおぼえるという方も多いかもしれません。また言語学の前に「認知」ということばが付加されていることにより、なおのこと、さらに一層難しいイメージを抱いてしまう方もいるかもしません。確かに、このような言語学のイメージは、伝統的な言語学においては、間違いなく存在してきたといっても過言ではないでしょう。

 しかしながら、本書で入門的な記述を提示していく、近年目覚ましい発展を遂げてきた認知言語学(cognitivelinguistics)と呼ばれる新しい言語学分野においては、このようなイメージからは大きくかけ離れていると言うことができると思います。読んで頂ければすぐに分かってくると思いますが、このように言えるのは、まさに認知言語学の基本的な考え方に集約されてくると思われます。つまり、言語現象の記述や説明を行っていくのに、私たちが日常生活を営んでいくうえで無意識の内に普段活用している認知プロセス(cognitive process)に着目して、その認知プロセスの観点から、言語現象の記述や説明を行っていこうとするからにほかなりません。一般に、このような考え方を採用することは、言語現象の実際的な姿形を直感的に分かりやすいものにしていくことができると同時に、小難しいイメージで塗り固められた言語学分野への抵抗感を払拭することにもつながっているように思われます。

 本書では、このような認知言語学の研究の方向性を中核に据えながら、認知言語学の研究領域において提示されてきた多種多様な認知プロセスの中から、特に重要性の高いと考えられる、プロファイリング(profiling)/メタファー(metaphor)/ブレンディング(blending)と呼ばれる3つの認知プロセスについて、その基本的な考え方を紹介していきたいと思います。
目次を見る
各オンラインショップでご購入いただくこともできます。
Amazon honto 紀伊國屋書店
セブンネットショッピング 楽天Books TSUTAYA online
The viewport has not loaded.
前に戻る

Googleブック検索

Powered by Google

Googleブック検索で三修社の書籍が検索できるようになりました。全文検索やプレビュー機能をご利用ください。