三修社 SANSHUSHA

MENU

言語一覧

  • 書籍版
  • TOP
  • 十八世紀のドイツ ゲーテ時代の社会的背景

十八世紀のドイツ
ゲーテ時代の社会的背景

  • 十八世紀のドイツ ゲーテ時代の社会的背景
  • 十八世紀のドイツ ゲーテ時代の社会的背景

十八世紀のドイツ
ゲーテ時代の社会的背景

定価

9,180

(本体 8,500円+税)
著者名
W. H.ブリュフォード 著 / 上西川原章
判型
A5判/上製(函入)
ページ数
400ページ
ISBN
978-4-384-05822-2 C1022
初版年月日
2001/02/15
ジャンル
専門書・研究書 > 文学
十八世紀・ドイツ文化史研究の第一人者である,ブリュフォードによる本書は,文学・思想研究にはもとより,ドイツ文学の社会学的研究に欠くことのできない1冊です。
 当時の政治的構造,社会秩序そして文学への影響を詳述しています。

目次

第一部 政治的構造と行政組織
 第一章 小国分立主義(クラインシユターテライ)
 第二章 啓蒙専制主義

第二部 社会の旧秩序――貴族と農民
 第一章 貴族一般
 第二章 宮廷と宮廷人
 第三章 農業経済
 第四章 農民
 第五章 田舎貴族(ラントエーデルマン)

第三部 社会の新秩序――市民階級
 第一章 歴史的回顧
 第二章 十八世紀のドイツにおける商工業とその主要中心地
 第三章 都市の政体と社会構造
 第四章 都市の建築.都市住民の私生活、世界観および教育
 第五章 専門職(プロフェッショナル)階級

第四部 文学への影響
 第一章 著述業
 第二章 政治的、経済的、社会的要因の文学に対する影響

読者レビュー

  • amazonamazon
  • 7net7net
  • booklogbooklog