三修社 SANSHUSHA

MENU

言語一覧

  • 書籍版
  • TOP
  • 中世後期のドイツ文化 1250年から1500年まで

中世後期のドイツ文化
1250年から1500年まで

  • 中世後期のドイツ文化 1250年から1500年まで
  • 中世後期のドイツ文化 1250年から1500年まで

中世後期のドイツ文化
1250年から1500年まで

定価

10,260

(本体 9,500円+税)
著者名
ハンス・フリードリヒ・ローゼンフェルト 著 / ヘルムート・ローゼンフェルト 著 / 鎌野多美子
判型
A5判/上製(凾入)
ページ数
432ページ
ISBN
978-4-384-02452-4 C0098
初版年月日
2006/06/20
ジャンル
専門書・研究書 > 文学
中世後期(1250年から1500年まで)のドイツ社会を,歴史・政治面と宗教(キリスト教)面だけでなく,衣食住をはじめとする,技術・学問・芸術・道徳など生活様式の面からも考察している。図版も多数収録。地名・人名・事項索引付き。

目次

序文
第1章 政治的社会の諸基盤
 1 皇帝と帝国
 2 諸侯と領邦
 3 貴族と騎士
 4 農民と東方植民
 5 都市と市民
  (1) 都市の発展と特徴
  (2) 帝国都市
  (3) 都市の成長と都市の東方植民
  (4) マルクとメッセ
  (5) 都市法とその結果
  (6) 市民宣誓と市民権
  (7) 都市の規模と人口
  (8) 名門(ミニステリアーレン、ラント貴族、遠隔地商人、同業者仲間)
  (9) 遠隔地商人の文化的意義
  (10) 手工業者とツンフト
  (11) 市参事会行政とツンフト蜂起
 6 社会のアウトサイダー(ユダヤ人、放浪者[旅芸人・行商人・遍歴学生・吟遊詩人]、追放者、ハンセン病患者、異端、魔女)
第2章 生活条件と生活様式
 1 暦、時間の尺度、世代、生活リズム
 2 家、農家、村、ブルク、都市における活動範囲の拡大
 3 武器、軍事、戦争
 4 軍事訓練、体育、娯楽と舞踏
 5 女性、婚姻、家族、性生活、礼儀作法
 6 衣服、民族衣装、流行、服装に関する規定
 7 台所、地下室、飲食、家財道具、テーブルマナー
 8 娯楽ゲーム、社交ゲーム、賭事
 9 教育と授業、学校と大学
10 仮装、謝肉祭劇、宗教劇
11 文芸作品、著作・文献、言葉
12 文書、印刷業、書籍出版業
  (1)書籍と写本
  (2)官房、事務室、書籍販売業者、出版業者
  (3)絵草紙、絵入書職人、トランプ絵かき、木版本
  (4)グーテンブルクと印刷機の発明
  (5)グ-テンブルク以後の書物と印刷組織
 

読者レビュー

  • amazonamazon
  • 7net7net
  • booklogbooklog