三修社 SANSHUSHA

MENU

言語一覧

  • 書籍版
  • TOP
  • 新装版 仙台戊辰戦史 北方政権を目ざした勇者たち

新装版
仙台戊辰戦史
北方政権を目ざした勇者たち

  • 新装版 仙台戊辰戦史 北方政権を目ざした勇者たち
  • 新装版 仙台戊辰戦史 北方政権を目ざした勇者たち

新装版
仙台戊辰戦史
北方政権を目ざした勇者たち

著者名
星亮一
判型
四六判/並製
ページ数
320ページ
ISBN
978-4-384-04199-6 C0021
初版年月日
2008/10/10
定価
1,728円 (本体 1,600円+税)
ジャンル
宗教・歴史
仙台の戊辰戦争は、東北が日本国の中枢に出ようとする壮大な挑戦だった。これは東北史に新しい1ページを飾り、東北の時代の先駆的な行動となった。(本文より) 揺れる藩論!仙台決戦!和解か? 徹底抗戦か? …そして、戊辰戦争の意味とは?  近代日本の魁となった奥州列藩同盟の苦悩の選択を描き切る!

目次

激動のあらし―プロローグにかえて
第一章 揺れる藩論
第二章 奥羽鎮撫総督府
第三章 会津国境へ出陣
第四章 会津藩が謝罪恭順
第五章 白河大戦争
第六章 列藩同盟の危機
第七章 北方政権と新潟港
第八章 仙台決戦
第九章 無念の降伏
第十章 戊辰戦争の意味
あとがき
おもな参考文献

読者レビュー

  • amazonamazon
  • 7net7net
  • booklogbooklog

著者紹介

星 亮一(ホシ リョウイチ)