三修社 SANSHUSHA

MENU

言語一覧

  • 書籍版
  • TOP
  • 絶対『英語の耳』になる! リスニング50のルール

絶対『英語の耳』になる! リスニング50のルール

  • 絶対『英語の耳』になる! リスニング50のルール
レベル
  • 入門
  • 初級
  • 初中級
  • 中級
  • 中上級
  • 上級

絶対『英語の耳』になる! リスニング50のルール

著者名
長尾和夫 著 / アンディ・バーガー
判型
A5判/並製
ページ数
240ページ
ISBN
978-4-384-05528-3 C2082
初版年月日
2008/11/10
定価
2,700円 (本体 2,500円+税)
言語
英語 > リスニング / 英語 > 会話
シリーズ
絶対英語の耳になる
英語リスニングの決定版です!

非常に簡単な単語でも、ネイティヴが話すと全然聞き取れない・・。それはネイティヴが話すときに音声変化が起きているからです。例えば、on itというフレーズは、ネイティヴ発音では、itのt[ト]の音が完全になくなってしまいます。さらに、on[オン]とitの[イ]という音が混じり合って「オニ」と1語のように聴こえてくるのです。
こういった音声変化の特徴を聴く練習を何度も何度も繰り返せば、どのような単語の組み合わせから変化したものなのか、カラダが理解してくれるようになります。本書は、このネイティヴ発音を聴き取るのに十分な特訓を行える、豊富な実例を3枚組のCDに収録しました。

付録情報

付録
CD 3枚

目次

はじめに
本書の使い方

☆Chapter1 フレーズの発音変化☆
1 beのルール1
2 beのルール2
3 be notのルール
4 Be...?のルール
5 don'tのルール
6 Do ...? とHas...?のルール
7 beenのルール
8 hasとhaveのルール
9 canとcouldのルール
10 Can...? とCould...?のルール
11 willとwould
12 will ...? とWould...?のルール
13 may とshouldのルール
14 Shall ...? とShould...?のルール
15 It ...のルール
16 be going toのルール
17 allのルール
18 aboutのルール1
19 aboutのルール2
20 atのルール
21 onとinのルール
22 outのルール
23 withのルール
24 ofのルール1
25 ofのルール2
26 ofのルール3
27 toのルール1
28 toのルール2
29 andのルール
30 butのルール
31 bringのルール
32 callのルール
33 comeのルール
34 loveとgiveのルール
35 letのルール
36 needのルール
37 wantのルール
38 getのルール
39 takeとmakeのルール
40 Whyのルール
41 WhereとWhenのルール
42 Whatのルール
43 Howのルール

☆Chapter2 単語の発音変化☆
44 centralのルール
45 rottenのルール
46 suddenlyのルール
47 lastlyとaskedのルール
48 friendlyとwinterのルール
49 ladyとprettyのルール
50 actuallyとsuggestのルール

読者レビュー

  • amazonamazon
  • 7net7net
  • booklogbooklog

著者紹介

長尾 和夫(ナガオ カズオ)
アンディ・ バーガー(アンディ・ バーガー)