三修社 SANSHUSHA

MENU

言語一覧

  • 書籍版
  • TOP
  • 広く知られし時代の蔭に ゲオルク・トラークルの時代のザルツブルク

広く知られし時代の蔭に
ゲオルク・トラークルの時代のザルツブルク

  • 広く知られし時代の蔭に ゲオルク・トラークルの時代のザルツブルク
  • 広く知られし時代の蔭に ゲオルク・トラークルの時代のザルツブルク

広く知られし時代の蔭に
ゲオルク・トラークルの時代のザルツブルク

定価

6,815

(本体 6,311円+税)
著者名
エルンスト・ハーニッシュ 著 / ウルリケ・フライシャー 著 / 植和田光晴
判型
A5判/上製
ページ数
264ページ
ISBN
978-4-384-01039-8 C0098
初版年月日
1995/12/10
ジャンル
専門書・研究書 > 文学
魂の詩人ゲオルク・トラークルの生きた時代のザルツブルク社会を,あらゆる資料を用いて再現する。ここに用いられた手法は,今後の社会記述のために参考になるだろう。後半では,難解なトラークルの詩句が,実は前半で再現した社会を色濃く反映していることを証明していく。何げない詩句がはらむ巨大な蔭。

目次

序論 堕落した種族?
第1部 前提システム
 第1章 市民階級の秋
  第1節 失速した近代化
  第2節 経済成長の遅滞
  第3節 緩慢な民主化
  第4節 市民公衆
  第5節 学校制度
 第2章 ザルツブルクの世紀末
  第1節 文化素描

第2部 作品のテーマに沿って
  第1節 教会
  第2節 軍隊
  第3節 村にて
  第4節 紳士の気晴らし=狩猟
  第5節 貧しき人々の困窮
  第6節 アウトサイダー
  第7節 死の輪舞
終章 広く知られし時代の陰に

読者レビュー

  • amazonamazon
  • 7net7net
  • booklogbooklog