三修社 SANSHUSHA

MENU

言語一覧

  • 書籍版
  • TOP
  • 初級ロシア語文法

初級ロシア語文法

  • 初級ロシア語文法
  • 初級ロシア語文法
レベル
  • 入門
  • 初級
  • 初中級
  • 中級
  • 中上級
  • 上級

初級ロシア語文法

著者名
黒田龍之助
判型
A5判/並製
ページ数
416ページ
ISBN
978-4-384-05677-8 C1087
初版年月日
2012/02/10
定価
3,456円 (本体 3,200円+税)
言語
ヨーロッパ諸語 > ロシア語 > 入門・初級文法
ロシア語を基礎からしっかりと学ぶための充実した1冊。
●読みやすい講義調の文法解説。
●全50課で、基本例文200+練習用例文500を学習。
●単語と例文のロシア語はすべて音声をCDに収録。

◆第1部 ロシア語の全体像を掴む
ロシア語全体についての概説です。第1課~第5課で文字と発音の関係を整理し、第6課~第10課では簡単な文の作り方に加えて、ロシア語の3大特徴(形容詞類の 一致、動詞の活用、名詞の格変化)について見てみます。
◆第2部 ロシア語の変化を覚える
ロシア語の変化を中心に学習します。比較的短く単純な文を用いて「活用」と「格変化」をていねいに学びます。
◆第3部 ロシア語の構文を捉える
ロシア語の構文を中心に学習します。中級に近いレベルの長くて複雑な構文を取り扱います。

以下に本書「はじめに」の全文を掲載します。
-----------------------------------------------------------------------
 これはロシア語を基礎からしっかりと学ぶための本です。とくに文法について、詳しく解説してあります。
 文法。
残念ながら、非常に評判の悪いことばです。外国語を学びたい人は日本中にたくさんいるのに、文法はまったく人気がありません。どうやら難しい用語や語形変化より、あいさつ表現や短いフレーズのほうがずっと喜ばれるみたいです。
 それは分かっていながらも、本書はあえて文法に挑戦してみました。ロシア語の表面を軽くなぞるだけでなく、そのしくみをしっかりと理解したい人だってきっといる。そう信じたからです。
 タイトルも『初級ロシア語文法』という、思いっきり正統派にしました。これほど直球勝負の書名は、いまどきほとんどないでしょう。
 さらに、全部で50課もある大部な語学書という点でも、軽薄短小な世の中の流れに完全に逆らっています。
 ただし、その内容はちょっと工夫してみました。
 本文は会話調です。堅苦しいと、途中でイヤになってしまいますからね。はじめの5課は文字と発音です。そのあとで本格的に文法の説明がはじまります。各課の新出単語は制限しました。単語が多すぎると、文法理解に集中できません。それから、大切な文型は枠で囲んで見やすくしました。何よりも、例文をたくさん挙げてあります。これをていねいに暗記していけば、ロシア語の初級段階は卒業です。まあ、覚えたければの話ですが。
 この本は「参照する文法」ではなく、「読む文法」です。はじめから読み進めていってください。細かい知識はあとで確認してもいいのです。まずは最後まで、がんばって目を通すことが大切。
 目指したのは「小説のように最後まで読み切れる文法」です。語学書だって、物語と同じように読書や書評の対象になれるはず。それなのにいつも「実用書」として片付けられてしまい、とても悲しいのです。
とはいえ、実用書とされるのも仕方ないかもしれません。たとえば、語学書には冒頭に「本書の使い方」みたいなものがあります。小説にはありませんよね。使い方を理解しなければ読めないような本は、やはり実用書という感じがします。
 この本には、特別な使い方などありません。小説と同じように、順番に読んでくださればいいのです。ロシア語の音が聴きたければCDをどうぞ。藤枝・グトワ・エカテリーナさんが、美しい声で吹き込んでくれました。
さらにこの本には、最後にあとがきがあります。これも小説などと同じです。でも、先に読んではダメですよ。結末は、最後のお楽しみ。
 では、さっそくはじめましょうか。

付録情報

付録
CD 1枚
収録時間
Disc1 76分24秒
録音部分
単語・例文のロシア語のみ
吹き込み
藤枝・グトワ・エカテリーナ

お知らせ/関連情報・記事

読者レビュー

  • amazonamazon
  • 7net7net
  • booklogbooklog

著者紹介

黒田 龍之助(クロダ リュウノスケ)