三修社 SANSHUSHA

MENU

言語一覧

  • 書籍版
  • TOP
  • 改訂版 秘書検定準1級・1級突破

改訂版
秘書検定準1級・1級突破

  • 改訂版 秘書検定準1級・1級突破
  • 改訂版 秘書検定準1級・1級突破

改訂版
秘書検定準1級・1級突破

著者名
山田敏世
判型
A5判/並製
ページ数
176ページ
ISBN
978-4-384-04481-2 C3034
初版年月日
2012/04/20
定価
1,512円 (本体 1,400円+税)
ジャンル
資格・検定 > 秘書検定 / 資格・検定
秘書検定「準1級・1級」は、上級秘書のイメージです。筆記試験では、主体的に考えて問題を解決してゆく姿勢や、全体を考えた対応ができるかという点が求められます。面接試験では、ビジネスの場で必要な良識、センス、人柄がポイントとなります。
本書では秘書検定試験によく出題される重要なポイントを効率よく学べるように、<例題→解答とポイント→確認問題→模擬テスト>のプログラム方式と、面接試験のためのトータルレッスンで合格を目指します。

Step1 [例題を解く]→正解チェック&ポイント解説
   正解↓  不正解再確認↑
Step2 [確認問題]
   正解↓  不正解再確認↑
Step3 [模擬テスト]
   正解↓
  ≪検定合格!≫ 

【お詫びと訂正】
P.160 問題3 解答例(全文以下の文に差し替え)
1.自席ですることになるが、それでもよいか。
2.手伝うのは午前中だけになるかもしれないが、それでもよいか。
A子はB子の仕事を手伝える状態にあるが、出張中の上司の留守を預かっているため、来客や電話等がいつあるかわからないことを考えると席を外すことはできない。この辺りを前提にして、手伝うにあたっての確認が必要。解答例の他に「時間はどのくらいか」等もよい。

上記、誤植がございました。深くお詫びいたしますとともに、ここに訂正いたします。

目次

本書の特徴と使い方
秘書検定について
筆記試験完全マニュアル
秘書の仕事の基礎知識
第1章 必要とされる資質
第2章 職務知識
第3章 一般知識
第4章 マナー・接遇
第5章 技能
第6章 面接
模擬テスト

読者レビュー

  • amazonamazon
  • 7net7net
  • booklogbooklog

著者紹介

山田 敏世(ヤマダ トシヨ)