三修社 SANSHUSHA

MENU

言語一覧

  • 書籍版
  • TOP
  • 百済金銅大香炉 古代東アジアの精神世界をたずねて

百済金銅大香炉
古代東アジアの精神世界をたずねて

  • 百済金銅大香炉 古代東アジアの精神世界をたずねて

百済金銅大香炉
古代東アジアの精神世界をたずねて

著者名
徐廷緑 著 / 金容権
判型
A5判/上製
ページ数
468ページ カラー
ISBN
978-4-384-00267-6 C0022
初版年月日
2005/11/10
定価
8,800円 (本体 8,000円+税)
ジャンル
宗教・歴史 / 比較文化 / 専門書・研究書 > その他
本書は1993年12月に,韓国の扶余陵山里遺跡趾で発掘された「百済金銅大香炉」を通じ,アジア・シベリアの文化・精神・制度等,仏教導入以前のアジアの精神を紹介。韓国で出版された書籍の翻訳だが,日本人にとってそのルーツを辿る上でも貴重な1冊。

目次

はじめに
序論
第1章 5楽土と雁
第2章 百済の西域楽器
第3章 古代東アジアの蓮花文化
第4章 博山香炉の起源
第5章 北魏と百済の香炉
第6章 流雲文からみた百済大香炉の世界観
第7章 百済の神宮と王権神話の2つの系統
第8章 結論
注/訳者 あとがき/主要索引

読者レビュー

  • amazonamazon
  • 7net7net
  • booklogbooklog

著者紹介

徐 廷緑(ソ ジョンノク)
金 容権(キム ヨングォン)