三修社 SANSHUSHA

MENU

言語一覧

  • 書籍版
  • TOP
  • 古代史スペクタクル6 古代南太平洋国家の謎 ポリネシアン・トライアングルの伝説を追う

古代史スペクタクル6
古代南太平洋国家の謎
ポリネシアン・トライアングルの伝説を追う

  • 古代史スペクタクル6 古代南太平洋国家の謎 ポリネシアン・トライアングルの伝説を追う

古代史スペクタクル6
古代南太平洋国家の謎
ポリネシアン・トライアングルの伝説を追う

著者名
M.スティングル 著 / 坂本明美
判型
四六判/並製
ページ数
336ページ
ISBN
978-4-384-02691-7 C0022
初版年月日
2001/11/12
定価
1,944円 (本体 1,800円+税)
ジャンル
宗教・歴史
ハワイ、ニュージーランド、イースター島を頂点とする巨大なトライアングル--。古代そこに、果たして「楽園」はあったのか?南太平洋に浮かぶ数々のトロピカル・アイランドの、謎に包まれた国家形成の歴史と民族。モアイをはじめとする伝説と神話の神秘のヴェールが、チェコ出身の「世界を股にかける民俗学者」の手によりはがされる!

目次

序にかえて
第一章 ポリネシアの誕生
     愛らしき海、モアナ
     海からの誕生~ダーウィンの環礁発生説
     「楽園創造」と「進化論」
     南海のプロメテウス、漁師マウイ
     進化と淘汰の中で~ポリネシアの生物
     ポリネシアン・トライアングル
第二章 古代ポリネシアの謎
     太平洋のアトランティス大陸
     海の底の真実
     死者の魂が戻りゆく島、ハワイキ
     エジプト文明の痕跡~ファラオの祖先説
     南海に渡ったキリストの子孫~ユダヤ人祖先説
     白い神々が遺したもの
     コンティキ号の功罪
     東へ──南米大陸の路
第三章 「南海のヴァイキング」ポリネシア人
     双胴船の発明
     ポリネシアの航海術
     神の加護を受けた造船
     南海のヴァイキング
     植民と発展の歴史
     人口過剰~マルキーズ諸島の植民
     大航海の果てに
     大ポリネシア語圏と各地の言葉
大四章 古代ポリネシア人の生活
     芋と木の実の農業
  

























読者レビュー

  • amazonamazon
  • 7net7net
  • booklogbooklog

著者紹介

M. スティングル(ミロスラフ スティングル)
坂本 明美(サカモト アケミ)