三修社 SANSHUSHA

MENU

言語一覧

  • TOP
  • アメリカ海兵隊の太平洋上陸作戦 上 【品切】

アメリカ海兵隊の太平洋上陸作戦 上
【品切】

  • アメリカ海兵隊の太平洋上陸作戦 上 【品切】
  • 書籍版

アメリカ海兵隊の太平洋上陸作戦 上
【品切】

著者名
河津幸英
判型
四六判/上製
ページ数
240ページ
ISBN
978-4-384-02943-7 C0031
初版年月日
2003/02/10
定価
2,640円 (本体 2,400円+税)
ジャンル
ミリタリー
太平洋戦争末期、日本軍守備隊の立て籠る中部太平洋の島々に息つく暇なく強襲上陸を繰り返し出血と勝利を積み重ねていったアメリカ海兵隊。ガダルカナルからサイパンまでの戦いにおける水陸両用作戦システム形式の過程と激戦の軌跡を詳細な図版と当時の貴重な写真を駆使して紙上に再現。

目次

第1章〈海兵隊を象徴する水陸両用作戦とLVTの開発〉
1) 新戦略方針『水陸両用作戦』
2) 装軌上陸車LVT

第2章〈ガダルカナルから要塞島タラワへ〉
1) 米軍反撃と上陸作戦兵器
2) 海兵師団vs陸戦隊

第3章〈バトル・オブ・タラワ!水際の攻防戦〉
1) 史上初の強襲上陸作戦:第1日(11月20日)
2) タラワ玉砕

第4章〈水陸両用戦車とマーシャル侵攻軍〉
1) 新兵器:アムタンクの登場
2) 上陸作戦:クェゼリン環礁侵攻(1944年1月31日~2月6日)

第5章〈巨大揚陸艦隊とエニウェトク攻略〉
1) 新型揚陸艦隊とロジスティクス
2) 上陸作戦:エニウェトク環礁侵攻(1944年1月31日~3月4日)

第6章〈新世代突撃ウエポンとマリアナ侵攻軍〉
1) 傑作LVT4と新型アムタンク(水陸両用車)
2) マリアナ侵攻軍と戦艦大砲撃

第7章〈サイパン水際攻防戦!LVT719輌の突撃フォーメーション〉
1) システム化した水陸両用作戦
2) サイパン上陸海岸の戦い

第8章〈サイパン戦車戦:日本軍の反撃と壊滅〉
1) 日本軍戦車連隊vs海兵隊対戦車バリケード
2) 戦車第9連隊の逆襲とサイパン占領
 
第9章〈戦 vs
1)
2)vs

10
1)
2)

読者レビュー

  • amazonamazon
  • 7net7net
  • booklogbooklog

著者紹介

河津 幸英(カワヅ ユキヒデ)