三修社 SANSHUSHA

MENU

言語一覧

  • TOP
  • 図説 アメリカ空軍の次世代航空宇宙兵器

図説
アメリカ空軍の次世代航空宇宙兵器

  • 図説 アメリカ空軍の次世代航空宇宙兵器
  • 書籍版

図説
アメリカ空軍の次世代航空宇宙兵器

著者名
河津幸英
判型
A5判/並製
ページ数
356ページ
ISBN
978-4-384-03975-7 C0031
初版年月日
2009/05/10
定価
2,860円 (本体 2,600円+税)
ジャンル
ミリタリー
航空機5800機、兵力50万人の空軍力のトランスフォーメーションとは!?
世界最強の汎地球遠征能力!

米国政府が、イラク戦争重視のブッシュ政権から対アフガン戦争重視のオバマ政権に交代したため、米国の主戦場はアフガンに移ることになった。だからと言って急に米空軍のアフガン作戦に変更が加えられることはないであろう。ただいずれオバマ大統領と国民は、米空軍対して目に見える成果を求めることになろう。このような難題に対処するため米空軍は、グローバル・フォース化を推し進めているのである。本書ではグローバル・フォースを目指す米空軍の改革事業を、ロードマップに示された6つの中核能力と14種類の機能別実動戦力の解説を通して、具体的に描き出している。

■主内容■
★米空軍改革&エア・スペリオリティ戦闘機F-22ラプター
★2020年の宇宙戦争に勝つ軍事衛星&宇宙兵器
★空と陸の敵を暴くマルチセンサー有人・無人偵察機
★新旧混合のグローバル・アタック攻撃機&戦闘爆撃機
★Bシリーズ爆撃機&NGB次世代爆撃機/マッハ5超の極超音速兵器
★地球の裏側へ急速空輸C-5/C-17巨人輸送機&空中タンカー戦力
★宇宙打ち上げ戦力EELV&空飛ぶ砲艦AC-130特殊作戦機

読者レビュー

  • amazonamazon
  • 7net7net
  • booklogbooklog

著者紹介

河津 幸英(カワヅ ユキヒデ)