三修社 SANSHUSHA

MENU

言語一覧

  • 書籍版
  • TOP
  • 緑の森のバイリンガル 多言語多文化社会での子育て、オーストラリアでの実践

緑の森のバイリンガル
多言語多文化社会での子育て、オーストラリアでの実践

  • 緑の森のバイリンガル 多言語多文化社会での子育て、オーストラリアでの実践

緑の森のバイリンガル
多言語多文化社会での子育て、オーストラリアでの実践

著者名
渡辺鉄太
判型
四六判/並製
ページ数
211ページ
ISBN
978-4-384-04070-8 C0095
初版年月日
2005/11/15
定価
1,836円 (本体 1,700円+税)
ジャンル
比較文化
オーストラリアに移り住んだ著者が体験した,子育てと多言語多文化社会での生活。
日々の奮闘の中で得た貴重な体験をもとに,真にバイリンガルであるとはどういうことか,新たに発見したことを書き留めました。
二カ国語を話せることが重要視される今日ですが,文法や語彙をいくら勉強しても,実際にその言葉を使って生活をし,様々なことを体験しなくては「言葉を習得した」とは言えません。
バイリンガルな子どもを育てるために大切なこと,本書の中にそのヒントが隠されています。

目次

はじめに

第1章 メルボルンは雑木林のような街
 僕の家があるダンデノ山と森とここから見えるオーストラリア
 オーストラリアの多言語文化社会は、雑木林的環境
 サステナブル(持続可能性)のある社会を目指す
 オーストラリアの教育、子ども文化は、多様性を重視する
 オーストラリアは、言葉の花園:英語プラスワン、英語とコミュニティー言語
 メルボルンの日本人、日系コミュニティーは、元気いっぱい
 
第2章 多言語多民族社会で子どもを育てる
 バイリンガルの言語習得
  言葉は環境の一部だ
  バイリンガリズムとは何だ、バイリンガルってだれ? 
  家の中のバイリンガリズムは自然なこと。我が家の英語と日本語のある暮らし
  鼓子の日英バイリンガル言語習得過程
  バイリンガルの読み書き:リテラシー(読み書き)って何だろう? 
  バイリテラシー(複数言語による読み書き)を実践すること
  アルファベットと日本語の文字(漢字と仮名)が共存する生活は面白い
  マルチリテラシー(複数言語による、あらゆるモードによる表現活動)を目指して
 バイリンガルと教育
  家庭、社会、学校の















読者レビュー

  • amazonamazon
  • 7net7net
  • booklogbooklog

著者紹介

渡辺 鉄太(ワタナベ テツタ)