三修社 SANSHUSHA

MENU

言語一覧

  • TOP
  • 超陸戦兵器FCS 21世紀の戦場を支配する近未来兵器と米陸軍改革の全貌 FUTURE COMBAT SYSTEM

超陸戦兵器FCS
21世紀の戦場を支配する近未来兵器と米陸軍改革の全貌
FUTURE COMBAT SYSTEM

  • 超陸戦兵器FCS 21世紀の戦場を支配する近未来兵器と米陸軍改革の全貌 FUTURE COMBAT SYSTEM
  • 書籍版

超陸戦兵器FCS
21世紀の戦場を支配する近未来兵器と米陸軍改革の全貌
FUTURE COMBAT SYSTEM

著者名
河津幸英
判型
A5判/並製
ページ数
216ページ
ISBN
978-4-384-04097-5 C0031
初版年月日
2006/12/10
定価
2,200円 (本体 2,000円+税)
ジャンル
ミリタリー
アメリカが莫大な金額を投入して開発を進める次世代兵器の開発・調達計画。
四軍合わせて70プラン、1兆3000億もの予算をかけたビッグ・プロジェクトの中でもアメリカ軍が、最も力を入れているのが将来戦闘システム(FCS:Future Combat System)である。
陸軍史上最大の兵器開発と言える、この画期的プロジェクトFCSと開発中の近未来兵器を本書では詳細に紹介、解説する。
最前線において大きな戦力となるロボット兵器の第1弾は、2008年に完成予定である。
それに伴う陸軍の改編される作戦部隊の全貌も図解した。

読者レビュー

  • amazonamazon
  • 7net7net
  • booklogbooklog

著者紹介

河津 幸英(カワヅ ユキヒデ)