三修社 SANSHUSHA

MENU

言語一覧

  • 書籍版
  • 電子版
  • TOP
  • 留学・アメリカ大学編入への道

留学・アメリカ大学編入への道

  • 留学・アメリカ大学編入への道
  • 留学・アメリカ大学編入への道

留学・アメリカ大学編入への道

定価

2,376

(本体 2,200円+税)
著者名
栄陽子
判型
A5判/並製
ページ数
218ページ
ISBN
978-4-384-04632-8 C0037
初版年月日
2014/12/20
ジャンル
留学・ホームステイ > アメリカ
アメリカ大学編入留学の意義と問題点、またアメリカの大学のシステムや単位の互換性について解説。
基礎編、実践編では留学費用や一日のスケジュール、卒業後の進路などアメリカの大学に編入し卒業するまでの道筋とノウハウを詳説。
さらに資料編ではアメリカの大学で学べる分野やモデルカリキュラムを紹介。

目次

基礎編
第Ⅰ章 編入留学について考える
■1 カウンセリングの現場から 2
わが子の編入留学に積極的に賛成する親たち/日本の大学生活に疑問を抱いて――/日本の大学の成績とGPAの問題点
■2 進路の選択肢として身近な「編入」 9
アメリカの大学における編入/高まる「編入留学」のニーズ/柔軟な単位互換システムを積極的に活用しよう/学歴についての考えかた
■3 英語力はどれだけ必要か 13
中学3年間の基礎が身についていればOK/TOEFLテスト=入試ではない/日本語の知識のほうが英語力よりも大切/英語学校よりも大学のほうが本当の「英語力」がつく
■4 留学費用について 16
留学費用=学費+寮・食費 16
留学費用についての考えかた 17
■5 卒業後の進路 26
大学院に進学する/就職する
■編入体験レポート〈1〉 日本の大学+アメリカの大学をあわせて3年半で卒業  30
第Ⅱ章 アメリカの大学を知る
■1 アメリカの大学とは 32
寮生活を通じて独り立ちをする/「あなたならどうするか」を問う/リーダーの養成/アメリカの大学で学ぶ多様性/専門的なことは大学院で学ぶ/専攻についての考えかた/学期ごとに独立したシステム/学業サバイバルの教材:シラバス
■2 アメリカの大学の成り立ち 39
アメリカで最初にできた大学/リベラルアーツという理念/州立大学の成り立ち/いまに生きるインディペンデント精神
■3 アメリカの大学の種類 41
リベラルアーツ・カレッジ/私立総合大学/州立総合大学/コミュニティ・カレッジ/芸術大学/工科大学/国立大学
■編入体験レポート〈2〉 アメリカ留学の夢を追って  47
第Ⅲ章 編入留学の三つの重要ポイント
■1 アメリカの大学の単位 50
単位の成り立ち/学習時間と単位の関係/授業時間とは/宿題は授業時間の2倍に相当する/時間割/1学期に15単位をとるのが標準/120単位を取得して卒業 /フルタイムという考えかた/1学期に取得できる単位数の上限/サマースクールで単位を稼ぐ/さまざまな科目と単位数
■2 アメリカの大学の科目 62
科目のレベルと科目番号/000番台の科目とは/科目の内容/アメリカの大学における科目の表記/科目の種類/4年間のカリキュラム
■3 アメリカの大学の成績 75
学習の達成度を示す「成績」/成績はABCDFの5段階でつく/編入が認められるのはC以上の科目に限られる/授業にはすべての回に出席することが前提/とても大切なGPA/成績に対するシビアな考えかた/Pass/Failオプションについて
実践編
第Ⅳ章 アメリカの大学への編入をめざす
■1 日本の大学の成績はどのように評価されるか 82
アメリカの大学の入学審査/英文の成績証明書/日本の大学の成績の英文表記/100点満点との関係/GPAの計算方法/日本の大学の「GPA制度」/成績証明書に記載されない科目/日本の大学の成績証明書を、アメリカの大学式に書き換えるサービス/日本の大学に在学したことを「なかったこと」にすることはできない
■2 できるだけ多くの単位を認めてもらうために 96
単位の査定をするRegistrar痴 Office/アメリカの大学が認める単位数の上限/アメリカの大学が認める科目/単位が認められやすい科目/単位が認められにくい科目/単位が認められやすい大学、そうでない大学/認められる単位は予想できる/アメリカの大学が「単位を認めやすくなる」ようにはたらきかけよう/Registrar痴 Officeに積極的に交渉しよう/高専・専門学校の単位の認定について
■編入体験レポート〈3〉 日本の大学とアメリカの大学の授業の違い  106
第Ⅴ章 アメリカの大学に出願する
■1 志望校を選ぶ 108
「ベストマッチ」という発想/合格をつかむための六つの要素/多様性を重視するアメリカの大学/大学にアピールできる自分像を明確にしよう/志望校選びのポイント/大学カタログを読む/最新の情報をホームページでチェック/4〜6校くらいに絞り込もう
■2 出願書類をつくる 120
願書/高校・大学の成績/エッセイ/推薦状/課外活動/テストスコア/面接/出願の時期/新入生として出願する/編入生として出願する/大学院進学をめざして編入する
■3 名門大学をめざす 139
アメリカの名門大学とは/名門大学の種類/アメリカの名門大学をめざすために
■編入体験レポート〈4〉 教授との信頼関係が成績評価に結びつく  143
第Ⅵ章 アメリカの大学生活を知る
■1 1年のスケジュール 145
アメリカの大学の1年度=アカデミックイヤー/オリエンテーション/科目登録/最初の授業で配布されるシラバス/自分なりの学習ペースを築こう/科目の追加と取り消し/Withdrawとは/中間・期末テスト/春学期とサマースクール
■2 一日のスケジュール 152
アメリカの大学生の典型的な一日
■3 授業 155
クラス参加の重要性/ディスカッションが中心の授業

■4 宿題 157
宿題は予習を兼ねる/教科書を読むコツ

■5 レポート 159
日本の大学の「レポート」=アメリカの大学の“Paper”/ペーパーの種類/出典を明記することを忘れずに
■6 学業サバイバル 161
図書館とコンピュータ/教授との接しかた/チューター制度を活用する/Writing Centerで英文をチェック
■7 寮生活 163
アメリカの大学は寮生活が基本/二人部屋をルームメイトと共有/RDとRA
■8 課外活動とアルバイト、就職活動 165
勉強が中心、でも息抜きも大切/アルバイトとインターンシップについて /就職活動について
■編入体験レポート〈5〉 2年6か月でアメリカの大学と大学院を体験  168

資料編
アメリカの大学で学べる分野 172
モデルカリキュラム 192
◆コラム
UCLAに行くためにコミュニティ・カレッジに留学?  28
一般教養科目が専攻科目に化ける?  74
編入後のGPA  96
Retentionと編入合格率  115
ポートフォリオとオーディション  136
スクールカタログを読んで留学の予習をしておこう  151
アメリカの大学にゼミはない  156
Usedの教科書を活用しよう  159

読者レビュー

  • amazonamazon
  • 7net7net
  • booklogbooklog