三修社 SANSHUSHA

MENU

言語一覧

  • 書籍版
  • TOP
  • CD付 オリンピックでよく見るよく聴く国旗と国歌

CD付 オリンピックでよく見るよく聴く国旗と国歌

  • CD付 オリンピックでよく見るよく聴く国旗と国歌

CD付 オリンピックでよく見るよく聴く国旗と国歌

著者名
吹浦忠正 著 / 新藤昌子
判型
A5判/並製
ページ数
236ページ
ISBN
978-4-384-05105-6 C2025
初版年月日
2019/09/30
定価
2,750円 (本体 2,500円+税)
ジャンル
実用 > 生活・一般

世界42か国の国旗と国歌についての解説書。大河ドラマ「いだてん」でも国旗監修を担う吹浦忠正による、豊富な知識をもとにした国旗の解説と、「国歌」を通した国際友好親善活動を行ってきたオペラ歌手・新藤昌子による、国歌の成立ちや歌唱ポイントの解説から構成。

日本となじみが深くオリンピックで活躍している国々に焦点を絞って、国旗はもちろんのこと国歌についても理解を深められる内容となっています。

付属のCDは気鋭の現代音楽作曲家である新垣隆の編曲・ピアノ伴奏による新藤昌子の歌唱を新規収録(カラオケ付き)。

付録情報

付録
CD 1枚
収録時間
Disc1 43分41秒
吹き込み
歌唱:新藤昌子, 伴奏:新垣 隆

目次

アメリカ合衆国
アルゼンチン共和国
イギリス(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)
イタリア共和国
インド
インドネシア共和国
ウルグアイ東方共和国
オーストラリア連邦
オーストリア共和国
オランダ王国
カタール国
カナダ
ギリシャ共和国
クロアチア共和国
コロンビア共和国
サモア独立国
ジョージア(旧グルジア)
スイス連邦
スウェーデン王国
スペイン王国
タイ王国
大韓民国
中華人民共和国
デンマーク王国
ドイツ連邦共和国
トンガ王国
日本国
ニュージーランド
ノルウェー王国
フィジー共和国
フィリピン共和国
フィンランド共和国
ブラジル連邦共和国
フランス共和国
ベトナム社会主義共和国
ベルギー王国
ポーランド共和国
ボスニア・ヘルツェゴビナ
ポルトガル共和国
南アフリカ共和国
メキシコ合衆国
ロシア連邦
オリンピック賛歌
コラム

〈CD収録国〉
1 アメリカ合衆国
2 アルゼンチン
3 イギリス(グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国)
4 イタリア共和国
5 オーストラリア
6 オランダ王国
7 カナダ
8 ギリシャ共和国
9 サモア独立国
10 大韓民国
11 中華人民共和国
12 ドイツ連邦共和国
13 日本国
14 ニュージーランド
15 ブラジル連邦共和国
16 フランス共和国
17 ベトナム社会主義共和国
18 ポルトガル共和国
19 南アフリカ共和国
20 メキシコ合衆国
21 ロシア連邦
22 オリンピック賛歌

カラオケ
23 アメリカ合衆国
24 イギリス(グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国)
25 大韓民国
26 ドイツ連邦共和国
27 日本国
28 フランス共和国

読者レビュー

  • amazonamazon
  • 7net7net
  • booklogbooklog

著者紹介

吹浦 忠正(フキウラ タダマサ)
1941年、秋田市生まれ。1964年のオリンピック東京大会組織委員会をはじめ、札幌、長野を含む日本で開催したすべてのオリンピックで国旗や儀典に関わり、「東京2020」では組織委国際局アドバイザー。国際赤十字海外駐在代表、難民を助ける会副会長(現・特別顧問)、埼玉県立大教授(政治学)などを経て、現在、評論家、ユーラシア21研究所理事長、献血供給事業団監事、協力隊を育てる会参与、日本国際フォーラム評議員、東京コミュニティカレッジ理事、法務省難民審査参与員、東京ニューシティ管弦楽団理事など。
2018年度からの6年生用教科書『道徳』(日本文教出版)「東京オリンピック 国旗にこめられた思い」で1964年当時の著者が紹介される。国旗関係の著作は、『世界の国旗ビジュアル大事典』(2013年、学研)『国旗で読む世界史』(2017年、祥伝社新書)『オリンピック101の謎』(2018年、新潮文庫)をはじめ多数。NHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』では国旗考証を担当。NHKのHPで208のオリパラ参加予定国・地域の旗とその解説を掲載する。NPO法人世界の国旗・国歌研究協会を立ち上げ、新藤とともに共同代表。
新藤 昌子(シンドウ マサコ)
桐朋学園大学音楽学部声楽科卒業、同研究科修了。在学中より、内外の現代音楽作品を多数初演、毎日(現在、日本)音楽コンクール作曲部門作品演奏者を務める。1988年モーツァルト作曲歌劇『魔笛』童子Ⅰ役でオペラデビュー後、二期会オペラ講座「ルル」、東京室内歌劇場文化庁公演『うたよみざる』『みるなの座敷』、現代音楽協会モノオペラ『赤ずきん』をはじめ古典から現代まで多くのオペラやコンサートに出演。2008年より駐日大使館との繋がりから、式典に招かれ国歌を独唱、朝日新聞「ひと」欄・JICA広報誌『mundi』にて紹介される。メディアでは『題名のない音楽会』『サンデーLIVE2020応援宣言』、NHK-BS他に出演。現在二期会・東京室内歌劇場会員。NPO法人世界の国旗・国歌研究協会共同代表。CIFA(調布市国際交流協会理事)。