三修社 SANSHUSHA

MENU

言語一覧

  • TOP
  • 就活のための「四季報」活用法

就活のための「四季報」活用法

  • 就活のための「四季報」活用法
  • 書籍版
  • 電子版

就活のための「四季報」活用法

著者名
田宮寛之
判型
A5判/並製
ページ数
160ページ
ISBN
978-4-384-06008-9 C1087
初版年月日
2021/11/20
定価
1,540円 (本体 1,400円+税)
ジャンル
就職 / 資格・検定 > その他

企業研究のやり方、教えます

内定への近道は企業研究にある。

「四季報」をきちんと使いこなすためのポイントを、68の項目に分けて丁寧に解説。データから企業を知る秘訣や、エントリーシートを書くためのヒントが満載。「内定をもらって一安心」で終わらないための、「自分に合う環境か」「働きながら子育てができるか」といった、内定のさらに先にある将来も見据えて指南する。企業研究家として各地で講演を行い、『四季報』製作にも長年携わっている著者による、全就活生必携の書。


本書は2013年刊行『「四季報」で勝つ就活』の改訂版です。

目次

第1章『会社四季報』編
第2章『就職四季報』編
第3章四季報関連本編
第4章その他編

読者レビュー

  • amazonamazon
  • 7net7net
  • booklogbooklog

著者紹介

田宮 寛之(タミヤ ヒロユキ)
東洋経済新報社 記者・編集委員 明治大学講師、拓殖大学客員教授
1963年生まれ。明治大学経営学部卒業後、ラジオたんぱ(現・日経ラジオ社)に入社。株式、債券、為替などの金融マーケット取材を担当。1991年に退社し米国ウィスコンシン州ワパン高等学校「Japanese class」の教員となる。

1993年東洋経済新報社に入社。企業情報部や金融証券部、名古屋支社で記者として活動。自動車、生保、損保、食品、化学、住宅、百貨店、スーパー、コンビニエンスストア、外食、人材ビジネス業界などを取材し『会社四季報』『就職四季報』『週刊東洋経済』などに執筆。

2007年、株式雑誌の『オール投資』編集長に就任。2009年、就職・採用・人事などの情報を配信する「東洋経済HRオンライン」を立ち上げて編集長となる。

その後『週刊東洋経済「就活」増刊号』編集長や「就職四季報プラスワン」編集長を兼務。現在は編集局・編集委員。取材活動のかたわら、全国の大学やキャリア団体で就活関連講演を年間約70回行なうほか、都内の大学で教鞭を執る。

<著書>
・『就活のための「四季報」活用法』(三修社)
・『2027日本を変えるすごい会社』(自由国民社)
・『東京五輪後でもぐんぐん伸びるニッポン企業』(講談社)
・『無名でもすごい超優良企業』(講談社)
・『みんなが知らない超優良企業』(講談社)
・『転職したけりゃ四季報のココを読みなさい』(徳間書店)
・『「四季報」で勝つ就活』(三修社)
・『親子で勝つ就活』(東洋経済新報社)
・『就活は3年生からでは遅すぎる』(東洋経済新報社)
・『規制緩和で生まれるビジネスチャンス』(東洋経済新報社)
・『生保・損保』(産学社/監修)