三修社 SANSHUSHA

MENU

言語一覧

  • 電子版
  • TOP
  • 食べる 七通の手紙 <電子版>

食べる 七通の手紙 <電子版>

  • 食べる 七通の手紙 <電子版>

食べる 七通の手紙 <電子版>

著者名
ドリアン助川
ISBN
9784384811278 
初版年月日
2020/03/20
定価
1,100円 (本体 1,000円+税)

ドリアン助川、
作家デビュー最初期の傑作!

宮沢賢治、川崎のぼる、ポル・ポト、兼高かおる、青島幸男、ダーウィン、「茅ヶ崎の和製ギンズバーグ」……七人の人物に宛てた手紙型エッセイ集。
人間・ドリアン助川のそれまでの集大成にして、その後の活動の萌芽を感じさせる視点に溢れた名エッセイ、電子書籍で復刊。
電子書籍化にあたり、「若書き」を振り返るあとがき(書き下ろし)を収録。

初版:1996年三修社刊

目次

イーハトーブの孤高 宮沢賢治様
《ウニ》

偉大なる漫画家 川崎のぼる様
《トンカツ》

大虐殺者 ポル・ポト様
《塩》

旅のプリマドンナ 兼高かおる様
《機内食》

東京都知事 青島幸雄様
《沙魚(はぜ)》

進化論学者 チャールズ・ダーウィン様
《バナナ》

親愛なる茅ヶ崎の詩人 和製ギンズバーグ様
《黒鯛》

あとがき

読者レビュー

  • amazonamazon
  • 7net7net
  • booklogbooklog

著者紹介

ドリアン 助川(ドリアン 助川)
1962年、東京都生まれ。明治学院大学国際学部教授。作家・歌手。
早稲田大学第一文学部東洋哲学科卒。日本ペンクラブ常務理事。長野パラリンピック大会歌『旅立ちの時』作詞者。
放送作家・海外取材記者を経て、1990年バンド「叫ぶ詩人の会」を結成。ラジオ深夜放送のパーソナリティとしても活躍。担当したニッポン放送系列『正義のラジオ・ジャンベルジャン』が放送文化基金賞を受賞。同バンド解散後、2000年からニューョークに3年間滞在し、日米混成バンドでライブを繰り広げる。帰国後は明川哲也の第二筆名も交え、本格的に執筆を開始。著書多数。
小説『あん』は河瀬直美監督により映画化され、2015年カンヌ国際映画祭のオープニングフィルムとなる。また小説そのものもフランス、イギリス、ドイツ、イタリアなど14言語に翻訳されている。2017年、小説『あん』がフランスの「DOMITYS文学賞」と「読者による文庫本大賞(Le Prix des Lecteurs du Livre du Poche)の二冠を得る。2019年、『線量計と奥の細道』が「日本エッセイスト・クラブ賞」を受賞。