三修社 SANSHUSHA

MENU

言語一覧

  • 書籍版
  • TOP
  • 小さい“つ”が消えた日

小さい“つ”が消えた日

  • 小さい“つ”が消えた日

小さい“つ”が消えた日

著者名
ステファノ・フォン・ロー 著 / トルステン・クロケンブリンク
判型
B6変型判/半上製
ページ数
128ページ 2色
ISBN
978-4-384-05514-6 C0097
初版年月日
2008/11/20
定価
1,540円 (本体 1,400円+税)
ジャンル
文芸 > 文学
“あ”さんはいばりんぼ、“か”さんは優柔不断…舞台はいろいろな文字たちがすむ五十音村。そんな五十音村の住人たちが楽しみにしているのは、夜のおしゃべり。その日も、みんなであつまって自慢話に花を咲かせていました。ところが、小さい“つ”には音がありません。「音がないなんて、文字じゃない」とからかわれた小さい“つ”は次の朝、姿を消してしまいます。すると、どうしたことでしょう。いらないと思っていた小さい“つ”がいなくなっただけで、「うったえますよ」が「うたえますよ」になってしまうなど日本語は大混乱に…。ドイツから届いた、日本語の五十音をめぐるファンタジー。

■FMとやまのイベント「気ままな朗読会」のダイジェスト版が放送になります。放送日時は2016年3月6日(日)18時~19時。FMとやまのホームページは下記リンクへ。

■『小さい“つ”が消えた日』が、FMとやまのイベント「気ままな朗読会」で朗読されました。2016年2月6日(土)富山県民小劇場オルビスにて、詳細は下記リンクFMとやまインフォメーションでご確認ください。

■『小さい“つ”が消えた日』が劇団仲間さんによって舞台化されます。
2015年8月6日(木)~9(日)中野ザ・ポケットにて、前売り券は6月8日より発売予定です。
詳しくは下記リンクの劇団仲間さんのホームページでご確認ください。

■「小さい“つ”が消えた日」がミュージカルになりました。
ミュージカルカンパニー イッツフォーリーズにより2013年7月18日~20日に品川区六行会ホールにて計4回公演されました。

■2009年10月25日(日)フジテレビ系列「エチカの鏡」にて本のソムリエ清水克衛さんのお薦めで紹介されました。