三修社 SANSHUSHA

MENU

言語一覧

  • 書籍版
  • TOP
  • ドン・フアン (本人が語る)

ドン・フアン
(本人が語る)

  • ドン・フアン (本人が語る)

ドン・フアン
(本人が語る)

著者名
ペーター・ハントケ 著 / 阿部卓也 訳 / 宗宮朋子
判型
四六判/上製
ページ数
160ページ
ISBN
978-4-384-05602-0 C0097
初版年月日
2011/11/15
定価
1,980円 (本体 1,800円+税)
ジャンル
文芸 > 文学 / 文芸

~ 終わりのない旅。「決定版にして真実」のドン・フアン物語 ~

『ベルリン・天使の詩』の脚本でも知られるドイツ語文学界の重鎮、ペーター・ハントケの最新小説を邦訳。
物語の舞台は、5月の、パリ近郊のポール・ロワイヤル・デ・シャンの庭。そこで宿屋を営む「私」によって語られる、7日間に渡って繰り広げられるドン・フアンと女たちとの物語。

「物語る」ドン・フアン、父親であり「孤児」であるドン・フアン、「誘惑者ではない」「誠実な」ドン・フアン、「哀しみ」にひたされたドン・フアン、殺人など禍々しいもの、あるいは「きわどい細部」とは何も関わるところのないドン・フアン。どこを取っても未聞のドン・フアンだが、それでもドン・フアンの物語なのだ。(訳者あとがきより)


2019年のノーベル文学賞をペーター・ハントケ氏が受賞されました。


『ドン・フアン (本人が語る)』は増刷が完了いたしました。

各書店、ネット書店へ順次出荷手配を進めています。(2019.10.30)

ノーベル文学賞2019

読者レビュー

  • amazonamazon
  • 7net7net
  • booklogbooklog

著者紹介

ペーター・ ハントケ(ペーター・ ハントケ)
阿部 卓也(アベ タクヤ)
宗宮 朋子(ソウミヤ トモコ)