三修社 SANSHUSHA

MENU

言語一覧

  • 書籍版
  • 電子版
  • TOP
  • 〈POD版〉 太陽通り ゾンネンアレー

〈POD版〉
太陽通り ゾンネンアレー

  • 〈POD版〉 太陽通り ゾンネンアレー

〈POD版〉
太陽通り ゾンネンアレー

著者名
トーマス・ブルスィヒ 著 / 浅井晶子
判型
四六判/並製
ページ数
208ページ
ISBN
978-4-384-72105-8 C0097
初版年月日
2020/03/30
定価
2,200円 (本体 2,000円+税)
ジャンル
文芸 > 文学

まだ東西ドイツがあった頃のお話。15歳の男の子ミヒャエル・クッピシュは太陽通り(ゾンネンアレー)の「ベルリンの壁」近くに住んでいる。ゾンネンアレーは、西ベルリンから長く続く道で、最後の六十メートルだけが東ベルリンにある。あとちょっとで西側に住めたのに、とミヒャは思う。ローリング・ストーンズは「禁止」、外国に行くことも「禁止」、初めてもらったラブレターだって、国境地帯に飛んでいって、拾うことさえできやしない!ミヒャと、彼をとりまくおかしな人々による「ベルリンの壁コメディー」。


サブカルチャーの視点からユーモアとともに描く作風で、東ドイツ出身のもっとも人気のある作家のひとりトーマス・ブルスィヒの代表作。


マックス・ダウテンダイ・フェーダー・東京ドイツ文化センター賞2003年受賞


2002年刊行『太陽通り ゾンネンアレー』を底本とした〈プリントオンデマンド版〉です。

読者レビュー

  • amazonamazon
  • 7net7net
  • booklogbooklog

著者紹介

トーマス・ ブルスィヒ(トーマス・ ブルスィヒ)
1964年ベルリン(東)生まれの作家・劇作家。高校卒業後、建築作業の専門学校に通いながら、大学入学資格を取得。以後、美術館の受付、皿洗い、旅行ガイド、ホテルポーター、工場作業員、軍役、外国人ガイドを経て、大学で社会学を学ぶ。大学中退後、コンラート・ヴォルフ映画専門学校で劇作法、演出法を学ぶ。1991年、小説『Wasserfarben(水の色)』 で作家としてデビュー。『Helden wie wir(僕ら英雄たち)』(1995年)で国際的な名声を得た。他の代表作に『Am kürzeren Ende der Sonnenallee(太陽通り)』『Leben bis Männer(ピッチサイドの男)』『Schiedsrichter Fertig(サッカー審判員フェルティヒ氏の嘆き)』などがあり、ドイツ民主共和国(東ドイツ)時代を、サブカルチャーの視点からユーモアとともに描く作風で、東ドイツ出身のもっとも人気のある作家のひとり。その作品は30か国以上の言語に翻訳されている。映画、演劇、ミュージカルの領域でも高く評価され、1999年に映画「Sonnenallee(太陽通り)」の脚本でドイツ脚本賞、2005年カール・ツックマイヤー賞、2012年ドイツコメディ賞など、さまざまな賞を受賞している。
浅井 晶子(アサイ ショウコ)
1973年生まれ。京都大学大学院人間・環境学研究科単位取得退学。訳書にエマヌエル・ベルクマン『トリック』、ローベルト・ゼーターラー『ある一生』(以上新潮社)、ユーディト・W・タシュラー『国語教師』(集英社)ほか多数。2003年、『太陽通り』にてマックス・ダウテンダイ翻訳賞受賞。