コミュニケーションのための実践英語1[入門編] Get by in English 1 <Starter>

読む
◯(60-140語)
書く
聴く
話す

難易度 1 2 3

コミュニケーションのための実践英語1[入門編] Get by in English 1 <Starter>

Julyan Nutt 著/ Michael Marshall 著/ 倉橋洋子 著/ 宮田 学

判型
B5判/並製 
ページ数
116ページ
課数
全6課(各課Part A: 6頁+Part B: 5頁)+Warm-up, Review 1 & 2 
定価
2,090円(本体1,900円+税)
ISBN
978-4-384-33491-3 C1082
発行日
2019/03/30

「英語でここまで、こんなに話せる!」を体感

  • 英語で話すことが苦手な大学生のための英会話シリーズGet by in Englishの入門編。
  • メインユニットはPart A(語彙・発音・モデル会話)、Part B(リスニング・ペアワーク・モデルスピーチと実践)の2部構成。全6ユニット(12 parts)+レビュー2セット。
  • 入門編では、現在形での表現を中心学びます。
  • まずは自己・他者紹介からはじめ、頻度の表現や前置詞などの基礎知識を、学生生活の実際的なシーンを利用した様々な練習を通じて定着させます。
  • 巻末には便利な英和と和英のグロッサリー付き。

*本書の準拠CD(本体1,600円+税)をご希望の方は弊社までお問い合わせください。

もくじ

Warm-up Unit
・Classroom language ・Practice patterns
Unit 1: May I ask your name?
・Basic introductions  ・Simple present  ・Simple Yes / No questions
Unit 2: What does your sister do?
・Jobs  ・Family  ・Simple present third person
Unit 3: How often do you eat out?
・How often…?  ・Adverbs of frequency  ・Periods of time
Review 1
Unit 4: What do you like to do?
・Like / like to  ・Leisure activities
Unit 5: Is there a convenience store near here?
・There is / are   ・Prepositions   ・Describing locations
Unit 6: Are there any class rules?
・Imperatives  ・Rules  ・Instructions
Review 2
Appendix Glossary for Reception (English / Japanese)
Glossary for Production (Japanese / English)

教授用資料(TM)

・解答
・音声スクリプト

*教授用資料はご採用いただいた先生のみへのご提供とさせていただきます(見本請求ではサンプルのみのご提供となります)。
*左記のリンクから教授用資料データのダウンロードができます。その際,お送りした冊子に記載されているパスワードが必要です。流出防止のため,メール・電話等での問い合わせには一切お答えできませんのでご了承ください。

こちらは大学教員向けページです。一般のお客様も教科書はご購入いただけますが、教授用資料は付属しておりませんので、ご注意下さい。
【重要】学校でご使用される教科書は学校指定の書店・生協でお買い求めください。

購入する

関連・おすすめテキスト