三修社 SANSHUSHA

MENU

言語一覧

  • 書籍版
  • TOP
  • 鳥羽伏見の砲声 徳川幕府終焉の舞台裏

鳥羽伏見の砲声
徳川幕府終焉の舞台裏

  • 鳥羽伏見の砲声 徳川幕府終焉の舞台裏

鳥羽伏見の砲声
徳川幕府終焉の舞台裏

著者名
星亮一
判型
四六判/上製
ページ数
296ページ
ISBN
978-4-384-04242-9 C0021
初版年月日
2009/03/10
定価
2,160円 (本体 2,000円+税)
ジャンル
宗教・歴史
桜田門外から鳥羽伏見へ。幕末争乱に躍動した男たちの野望と挫折を描き切る!
明治維新は慶喜の自滅によって転がり込んだものだった。この波に乗り遅れた東北、越後は逆賊の汚名を着せられ、痛恨の明示を迎えることになる。日本の運命を変えた八年間、その幕切れが鳥羽伏見だった。

目次

はじめに
第一章 井伊直弼斬殺
第二章 孝明天皇崩御
第三章 徳川慶喜の周辺
第四章 だまされた大政奉還
第五章 大阪城へ逃亡
第六章 鳥羽伏見の戦い
第七章 江戸無血開城
第八章 その後の松平容保
補章  鳥羽伏見街道を歩く
付録  (1) 会津藩大砲隊戊辰戦記
    (2) 鳥羽へ御使並大坂引揚の一件
あとがき

読者レビュー

  • amazonamazon
  • 7net7net
  • booklogbooklog

著者紹介

星 亮一(ホシ リョウイチ)