三修社 SANSHUSHA

MENU

言語一覧

  • TOP
  • JF日本語教育スタンダード準拠コースブック まるごと 日本のことばと文化 中級1 B1 Marugoto: Japanese language and culture Intermediate1 B1

JF日本語教育スタンダード準拠コースブック
まるごと 日本のことばと文化 中級1 B1
Marugoto: Japanese language and culture Intermediate1 B1

  • JF日本語教育スタンダード準拠コースブック まるごと 日本のことばと文化 中級1 B1 Marugoto: Japanese language and culture Intermediate1 B1
  • 入門
  • 初級
  • 初中級
  • 中級
  • 中上級
  • 上級
  • 書籍版
  • 電子版
  • 入門
  • 初級
  • 初中級
  • 中級
  • 中上級
  • 上級

JF日本語教育スタンダード準拠コースブック
まるごと 日本のことばと文化 中級1 B1
Marugoto: Japanese language and culture Intermediate1 B1

著者名
独立行政法人国際交流基金 編著 / 磯村一弘 著 / 藤長かおる 著 / 久保田美子 著 / 伊藤由希子
判型
A4判/並製
ページ数
272ページ カラー
ISBN
978-4-384-05759-1 C0081
初版年月日
2016/10/01
定価
3,080円 (本体 2,800円+税)
言語
日本語 > 会話
シリーズ
まるごと 日本のことばと文化

English follows Japanese.

この教材を入り口にリアルな世界へ。

学習者の好奇心をサポートする日本語がここにあります。


『まるごと』は人と人が日本語で実際にコミュニーションしながら、お互いに理解し合うことを目指した教科書です。多様な文化背景を持つ人々が日本語で交流する場面を各トピックに設定し、会話の内容、写真、イラストなど、様々なところに異文化理解のヒントがあります。また、言語学習における音声インプットの役割を重視しており、自然な会話を聞く教室活動が数多く設けられています。「日本語を使って何がどのようにできるか」という課題遂行(Can-do)の形で各課の到達目標が設定されており、中級1(B1)は、身近な話題について主要点を理解し、自分の意思やその理由を短く述べることができるレベルを目指します。


~特長~

★大量の音声インプットでアウトプットにつなげる(音声データ3時間23分)

★全ページフルカラー! 豊富な写真、イラストで楽しく学べる

★ポートフォリオで学習者自身が学習を管理できる

★CEFRの尺度を採用。ほかの言語との比較がしやすい


全9トピック 想定授業時間:80~120時間


「まるごと」シリーズの音声は公式ポータルページ「まるごとサイト」内の「教材ダウンロード」ページから無料ダウンロードできます。
(ユーザー登録が必要です)


ダウンロード可能な環境にない方向けに、CDのご用意があります。

まるごと別売CDのご案内


■増刷による修正などは、公式ポータルページ「まるごとサイト」内の「教師用リソース」に掲載されています。

 増刷修正一覧はこちら

■電子書籍版はAmazon KindleとGoogle Play ブックスで購入できます。
まるごと電子書籍版のご案内はこちら


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~使っている先生方からのコメント~

イリノイ州立シカゴ・デュペイジ大学 人文学部教授 札谷新吾先生

「細かい文法を文字で説明するのではなく、直接体験することで体得させていく能動的な授業を実現」

既にある程度の言語知識がついてからの『まるごと』シリーズは、基礎知識を定着させ、その発展を促すのに大変役立ちます。細かい文法を文字で説明するのではなく、直接体験することで体得させていく能動的な授業を実現します。できるだけ早く、聴解能力と会話能力を身につけて帰納的、あるいは演繹的にその能力を高めながら、特に中級以降において読解能力向上を目指す学生にとってはトピックとその内容も含めて取り組みやすいシリーズです。


レクシス語学学院 ヘッドティーチャー 谷口有希先生

「ともすれば教師が逃しかねない文法のポイントや意味・ニュアンスの違いもしっかりと拾うことができる」

アカデミック(教師側)の観点から言うと、一番いいと感じているのは教科書の中に最低限の文法説明しかないところです。『まるごと』の中ではそれぞれの文法を「どんな場面で、どんな気持ちで、何を伝えるために使うか」という感覚を、トピックを通して学習者に実際にその場面を想像したり経験したりしながら習得させていくことができます。また教師は、学習者のレベルや経験、文化背景などに合わせてその感覚や文法構造の論理をより柔軟に伝えることができます。その代わりに教師には、自身が蓄えた知識や母語話者としての感覚をいかに明解かつ論理的に伝えられるか、その力が非常に求められますが、『まるごと』の教科書内の会話や練習問題は非常によく考えられており、ともすれば教師が逃しかねない文法のポイントや意味・ニュアンスの違いもしっかりと拾うことができるようになっています。

他にも、クラスの中に様々なレベルの学生がいる場合に教師がインプット・アウトプットの量を調整しやすいというのも『まるごと』の非常に柔軟で良い点です。それぞれのレベルに合わせてそのトピックで日本人と最大限のコミュニケーションができるよう、教師も工夫がしやすい作りになっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


marugoto.org. にある関連リソース(無料)~

★学習者用

音声データ/語彙表(多言語対応)/スクリプト、テキストの翻訳(多言語対応)/学習記録シート(多言語対応)/「書く」シート

★教師用

教え方の手引き/語彙表/テスト問題例/口頭テスト・作文テスト」の評価表の例/『まるごと』文法・文型リスト(入門~中級2)


Marugoto is a coursebook for adult learners of Japanese that is based on the JF Standard* for Japanese Language-Education. Learners at Intermediate1 level (B1) can comprehend the main points about familiar topics, as well as effectively make themselves understood when discussing their intentions and feelings, as well as the reasons behind them. Based on the philosophy of “Japanese for mutual understanding," each topic features people from a variety of cultural backgrounds interacting in Japanese. Hints about cross-cultural understanding, such as in dialog content, photos, and illustrations, can be found throughout the book. Marugoto also places importance on audio input for language learning, with many classroom activities for listening to natural conversation. 

*JF Standard is based on the CEFR (Common European Framework of Reference). This CEFR scale makes the content of Marugoto easy to compare with other language resources.


Merits of Marugoto

★Lush photos and illustrations to bring enjoyment to studying

★Plenty of audio resources to connect language input with output

★Portfolio system to manage your own learning progress


Recommended course length: 80 to 120 hours


Audio and other materials to be used together with Marugoto can be downloaded for free from marugoto.org.

目次

トピック1 はじめての人と
1.みなさん、こんにちは
2.あのう、失礼ですが…
3.はじめまして、マイと申します
4.気軽にフォローしてください
5.プロフィールを書こう

トピック2 おすすめの料理
1.ここは、とくに魚がうまい
2.お好み焼き粉は…
3.ぜひ、めしあがってみてください
4.じゃがいもを入れるのがポイント!
5.「簡単すき焼き」の作り方

トピック3 私の好きな音楽
1.やっぱり演歌でしょう
2.いい歌は古くならないんです
3.彼女のすごいところは…
4.BEGINのライブに行ってきました!
5.いっしょに行かない?

トピック4 温泉に行こう
1.今、私は温泉に来ています
2.日本の旅館ははじめてです
3.いちばん行きたいのは…
4.とても満足しました
5.食事についての問い合わせ

トピック5 最近どう?
1.ねえ、聞いて聞いて
2.最近、仕事が忙しくて…
3.最近、ヨガにはまってるんです
4.わが家の近況ですが…
5.お元気ですか

トピック6 マンガを読もう
1.すごく有名なマンガですよ
2.これはチョッパーの帽子です
3.酒飲みの大男の話です
4.マンガばかり読んでいて…
5.「悩める母」さんへ

トピック7 武道に挑戦!
1.私は柔道をやってます
2.練習は何曜日にあるんでしょうか?
3.子どものころ、学校で習いました
4.海外に広まる日本の武道
5.クラスについての問い合わせ

トピック8 便利な道具
1.スマホなしじゃどこにも行けない!
2.電子辞書を買おうと思うんですけど
3.いいもの買ったんですよ
4.あなたがいちばん欲しいドラえもんの道具は?
5.売ってください

トピック9 伝統的な祭り
1.祭りは7日まで続きます
2.私も踊ってきました
3.祭りのいちばんの見どころは…
4.はじめてのクリスマス
5.祭りの体験

読者レビュー

  • amazonamazon
  • 7net7net
  • booklogbooklog

著者紹介

独立行政法人国際交流基金 (コクサイコウリュウキキン )
磯村 一弘(イソムラ カズヒロ)
藤長 かおる(フジナガ カオル)
久保田 美子(クボタ ヨシコ)
伊藤 由希子(イトウ ユキコ)