三修社 SANSHUSHA

MENU

言語一覧

  • 書籍版
  • TOP
  • ドリンキング・ジャパン 【英日対照】英語で読む日本のお酒を楽しむ文化ガイド

ドリンキング・ジャパン
【英日対照】英語で読む日本のお酒を楽しむ文化ガイド

  • ドリンキング・ジャパン 【英日対照】英語で読む日本のお酒を楽しむ文化ガイド

ドリンキング・ジャパン
【英日対照】英語で読む日本のお酒を楽しむ文化ガイド

著者名
William F. O'Connor 著 / Robin O'Connor 著 / 埜久太鶴 執筆協力 / 中野真紀 翻訳 / 平野久美 翻訳
判型
A5判/並製
ISBN
978-4-384-05870-3 C1082
初版年月日
2019/08/20
定価
-円 (本体 -円+税)
言語
英語 > 日本紹介 / 英語 > リーディング

酒席で気の利いた話題を提供したい英語通訳ガイドの方に
お酒好き・日本通になりたい外国人へのプレゼントにも使える一冊

インバウンド需要の高まりにともない外国人にお酒を勧めたり、提供することがいよいよ多くなってきました。

日本酒の場合が多いことと思われますが、特色あるお酒がその土地その土地で造られています。例えば、山梨のワイン、九州の焼酎、さらには沖縄の泡盛まで。また今ではクラフトビールが数えきれないほどの場所で造られています。

本書『Drinking Japan: It's Not Just Sake』は日本で飲まれるお酒とお酒にまつわる文化を日英対訳で記載。日本酒だけではない、様々な土地で造られている多様なお酒を、外国人観光客と説明を求められる日本人に向けて分かりやすく紹介しています。

日本酒にかたよりがちな英文ガイドが物足りないという方に、ぜひ手に取っていただきたい一冊です。


Good  drinking  is  a  multidimensional  experience. A  finely  produced  wine  or  whisky,  for example, will engage the drinker’s four senses as he/she considers and evaluates such aspects of the drink as flavor, smell, appearance, and mouthfeel. This dimension should  appeal  to  every  serious  sybarite.  But  the  drinking  experience  is  enhanced  exponentially  when  one  knows  something  about  the  history  of  the  beverage,  the  culture  from  which  it  has  emerged,  its  production  process,  and  its  marketing.  In  Drinking  Japan—It’  s  Not  Just  Sake,  we  have  provided  our  readers  with  all  of  this  information  and  more.    This  intellectual  dimension  makes  one  a  more  interesting  person, to be sure, but it may also provide input to the third dimension. The Irish call it “craic,” which is the pleasure that good conversation and pleasant company bring. Of  course,  one  can  always  talk  about  the  weather  or  the  latest  blip,  boom,  bust,  or  belch  from  the  stock  market,  but  isn’t  it  more  interesting  to  discuss  whether  your  Chardonnay is oaked or unoaked, your sake predominantly sweet or dry, or how long your whisky has been aged?

読者レビュー

  • amazonamazon
  • 7net7net
  • booklogbooklog

著者紹介

William F. O'Connor(ウィリアム・ オコーナー)
Robin O'Connor(ロビン・ オコーナー)
埜久 太鶴(ヤク タツル)
中野 真紀(ナカノ マキ)
平野 久美(ヒラノ クミ)

著者/編集者コメント

【日本の酒文化を英語で読むこと・表現することに興味があるすべての方へ】

日本語は難しいけれど日本滞在をより充実させたい外国人観光客には、あるいは、食事時の会話を楽しく気の利いたものにしたい通訳ガイドには、お酒のちょっとして知識ほど重宝なものはありません。
極東のこの小さな島国日本を訪れる外国人はそれぞれの目的にかなった楽しみを見出すことでしょう。でも、三度の食事はどんな目的の方にも欠かせません。そこに楽しいお酒が添えられれば喜びもひとしおというもの。お酒の楽しさはちょっとした知識によって倍増することは万国共通。日本でのよりよいひとと時のために、この小さな文化ガイドをお薦めします。
長年日本に住み、日本事情に通じている英語ネイティブの著者は、唎酒師であり、またソムリエの上級資格ともいえるWSETのLevel 3取得者。外国人目線での日本のお酒紹介は、日本人にとっては当たり前すぎて情報提供がこれまで漏れがちだったポイントや、日本人にとっても意外な知識がいろいろ。コンパクトに楽しめる文化ガイドです。(編集担当M)