三修社 SANSHUSHA

MENU

言語一覧

  • 書籍版
  • TOP
  • アメリカ文学との邂逅 カート・ヴォネガット トラウマの詩学

アメリカ文学との邂逅
カート・ヴォネガット
トラウマの詩学

  • アメリカ文学との邂逅 カート・ヴォネガット トラウマの詩学

アメリカ文学との邂逅
カート・ヴォネガット
トラウマの詩学

著者名
諏訪部浩一
判型
四六判/上製
ページ数
378ページ
ISBN
978-4-384-05941-0 C3098
初版年月日
2019/06/25
定価
2,916円 (本体 2,700円+税)
ジャンル
専門書・研究書 > 文学
シリーズ
アメリカ文学との邂逅

20世紀後半のアメリカで多くの読者に愛され、日本でも翻訳が多く出版され読まれている作家のひとり、カート・ヴォネガット。

本書では、第2次世界大戦のドレスデン無差別爆撃を体験したヴォネガットのトラウマとの戦いの歴史をたどりながら、その作品を包括的に批評する。

長編を出版順に論じ、ヴォネガットのトラウマとの関わりかたの変化を、多くの先行研究をもとに紐解く。

巻末には、豊富な文献リストを簡明な説明を付して掲載。


(装幀 宗利淳一)

目次


第1章 出発——『プレイヤー・ピアノ』と『タイタンの妖女』
ヴォネガットとSF
『プレイヤー・ピアノ』——「移行期」のディストピア小説
『タイタンの妖女』——SFエンターテインメント?
第2章 飛躍——『母なる夜』から『スローターハウス5』まで
トラウマに向かって
『母なる夜』——語り得ない罪、罪深い「ロマンス」
『猫のゆりかご』——彼はいかにしてボコノン教徒になったか
『ローズウォーターさん、あなたに神のお恵みを』——亀裂の入った風刺文学
『スローターハウス5』——「わたしはそこにいた」
第3章 迷走——『チャンピオンたちの朝食』から『ジェイルバード』まで
成功のあとで
『チャンピオンたちの朝食』——「切実」なメタフィクション
『スラップスティック』——薬漬けのユートピア
『ジェイルバード』——凡庸な社会主義シンパサイザーの肖像
第4章 成熟——『デッドアイ・ディック』から『青ひげ』まで
キャリアの総括
『デッドアイ・ディック』——傍観者の罪意識
『ガラパゴスの箱舟』——「人間」から遠く離れて
『青ひげ』——トラウマと芸術
第5章 終着——『ホーカス・ポーカス』と『タイムクエイク』
トラウマの先へ
『ホーカス・ポーカス』——ベトナム帰還兵の教え
『タイムクエイク』——作家人生の肯定

あとがき
年譜
キーワード集
文献リスト
索引

読者レビュー

  • amazonamazon
  • 7net7net
  • booklogbooklog

著者紹介

諏訪部 浩一(スワベ コウイチ)
1970年生まれ。上智大学卒業。東京大学大学院修士課程、ニューヨーク州立大学バッファロー校大学院博士課程修了(Ph.D.)。現在、東京大学大学院人文社会系研究科・文学部准教授。
著書に『A Faulkner Bibliography』(2004年、Center Working Papers)、『ウィリアム・フォークナーの詩学―一九三〇-一九三六』(2008年、松柏社、アメリカ学会清水博賞受賞)、『「マルタの鷹」講義』(2012年、研究社、日本推理作家協会賞受賞)、『ノワール文学講義』(2014年、研究社)、『アメリカ小説をさがして』(2017年、松柏社)、編著書に『アメリカ文学入門』(2013年、三修社)、訳書にウィリアム・フォークナー『八月の光』(2016年、岩波文庫)など。